2011年08月24日

祖父の写真帖から(4)


toyo8_2.jpg

撮影日時不明。


posted by jaro at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

祖父の写真帖から(3)


toyo3.jpg

撮影日時不明。
posted by jaro at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

祖父の写真帖から(2)


toyo2.jpg

撮影日時不明。
posted by jaro at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

祖父の写真帖から

toyo1.jpg

撮影日時不明。
posted by jaro at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

オロスコの位置

Gabriel Orozco,《Simon's Island(サイモンの島)》, 2004. 先日、ようやくにしてガブリエル・オロスコのカタログ手に入れた。去年開かれた、スペイン・マドリードにあるレイナ・ソフィア現代美術館での展覧会のカタログだ。

 手にとってみると、意外に大きい。内容はほとんどオロスコの写真がメインで、身の回りの(たぶんメキシコ)何気ない事物を撮影している。ただ、そのどれもが円にまつわる形態を有しているのが特徴的。ビー玉、ライム、消火栓、目玉焼き、ビールの空き瓶、サッカーボールのミニチュア、等々。

続きを読む
posted by jaro at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

カメラの眼を持つ男

アンドレアス・ファイニンガー《フォト・ジャーナリスト》1955年


それはカメラの眼を持つ男。
見たものを即座に記録し、焼き付ける時代の証人。
証人の証言に嘘偽りがあれば、それは偽証罪になる。
見たままに証言すること。
それがフォト・ジャーナリストの使命である。
アンドレアス・ファイニンガーの一枚《フォト・ジャーナリスト》、
それは容易く現実の加工が行われる現在の状況に、
強く訴えかける鋭い眼差しを思わせる。
posted by jaro at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

ピカソの手

doisneau01.jpg

写真家ロベール・ドアノーの一枚。
《Les Pains de Picasso》(ピカソのパン)。

よく見ればすぐわかる。
パンは四つ又で、まるで手のようだ。
そしてうまい具合にピカソの両腕の傍に二つ、
テーブルに直に置かれている。

そう考えると、タイトルも気になってくる。
「ピカソ“の”パン」
・・・なぜ「ピカソ“と”パン」じゃないのか?
原題のパンのつづりを「P」から「M」に替えてみると、
《Les Mains de Picasso》(ピカソの手)
となる。なるほど言葉遊びだったのか。

しかもパンのふくらみは
画家のがっしりした手をさらに強調している、
象徴的な一枚。

ちなみにピカソの着ているボーダーシャツは、
セントジェームズ。
実はぼくも高校の頃着てました。
明治通りにお店がありましたが、さて今もあるかどうか。
posted by jaro at 05:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。