2006年02月06日

物質性の顕現

時間的連続が破壊されると、現在の経験が力強く圧倒的に鮮明化し、「物質的な」ものとなる。…

…そうした新しい経験が魅力的なものであれ恐ろしいものであれ、シニフィアンが孤立されることによって、それはいっそう物質的なものに――あるいはいっそう文字通りに、と言ったほうが適切だろう――なり、いっそう感覚的に鮮明なものになるということである。
フレドリック・ジェイムソン 「ポストモダニズムと消費社会」
posted by jaro at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Dog-ear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック