2007年02月24日

コダクロームの妖術

アマゾンの森の野蛮人たちよ、機械文明の罠にかかった哀れな獲物よ、柔和で、しかし無力な犠牲者たちよ、私は君たちを滅ぼしつつある運命を理解することには耐えて行こう。しかし、貪欲な公衆を前にして、打ち砕かれた君たちの表情の代りにコダクロームの写真帳を振り回すというこの妖術、君たちの妖術よりもっとみすぼらしいこの妖術に欺かれる者には決してなるまい。


クロード・レヴィ=ストロース『悲しき熱帯』


posted by jaro at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。